So-net無料ブログ作成

<口蹄疫>功労牛「安平」 育ての親無念(毎日新聞)

 「殺処分という残念な最期になってしまって申し訳ない」

 名牛「安平」を生み、育てた宮崎市佐土原町の永野正純さん(61)は、電話口でため息をついた。

 安平は89年4月12日生まれの21歳。人間なら100歳を超える長寿だ。種牛は精液が供給できなくなった時点で処分されることが多いが、安平はその群を抜いた貢献度から処分を免れ、事業団で静かに余生を送っていた。

 生まれた時の体重は30キロ。しかし、周囲が息をのむほどの早成だった。永野さんは「ばかでかくて気が激しくて、世話に手を焼いた」と懐かしむ。

 安平の子牛は「もも肉にもサシ(霜降り)が付いて高値で売れる」と人気を博した。全盛期には、安平の子牛と他の子牛では7、8万円の差がついたこともあった。

 安平の遺伝子を引き継いだ宮崎牛は、5年に1度開かれる和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」でも好成績を上げた。07年の第9回大会(鳥取県)では9部門中7部門で首席を獲得した。

 西都市内に避難させているエース級種牛5頭のうち、4頭までが安平の血を受け継いでいる。

 一方、永野さんが現在飼育する約60頭は既にワクチン接種を受けた。「安平の血を引いた牛がすべていなくなる。何十年もかけて受け継いできた遺伝子が途切れた。望みを5頭にかけたい」と語った。【小原擁】

義経千本桜inロンドン(産経新聞)
沖縄の牛、陽性ではない 農水省(産経新聞)
「あの親指は何だ」思いも寄らぬ波紋…検証4(読売新聞)
夏の訪れ告げる「とうかさん」 広島・円隆寺(産経新聞)
生活保護費めぐる闇 横行するネット仲介とは(産経新聞)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

無職フィーバー


きょぬ~ちゃんとチュッチュしてきたぁぁぁ!!!!ヽ(゚∀゚)ノ
バックで攻めながら乳モミしたら、ちょ~エ口い声で喘ぎまくってたYO!!
もう50万近く稼いだけど、当分はやめられねーわ!!笑
http://melo.qawsed.info/furrq94/
by 無職フィーバー (2010-06-11 22:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。