So-net無料ブログ作成

<沖縄公庫>ずさん融資 転用未許可農地ホテル建設に8億円(毎日新聞)

 政府系金融機関「沖縄振興開発金融公庫」(那覇市)の融資で完成した沖縄県与那国島のリゾートホテルについて、与那国町農業委員会が昨年8月、敷地の半分は転用許可を受けていない農地だと指摘し、農地法違反でホテルの取り壊しを求める勧告を出していることが分かった。公庫は融資審査の際、敷地の一部を農地と確認しながら、転用を許可する自治体側に問い合わせもせずに「事後転用が可能」と判断して8億5000万円を融資しており、ずさんさが問われそうだ。【杉本修作、前谷宏】

 ホテル建設は自動車販売会社「琉球日産自動車」(浦添市)の関連会社「アイランドリゾート開発」(那覇市)が06年ごろから計画。08年春に5階建てホテルと露天風呂、プールがある島唯一のリゾートホテル「アイランドリゾート与那国」としてオープンした。ア社が運営し、建物は琉球日産の別の関連会社「りゅうにち」(浦添市)が所有している。

 ホテルの敷地6751平方メートルの登記簿上の所有者は77年に死亡した農業の男性で、現在も名義変更されていない。このうち3526平方メートルは農業以外の使用を禁じる農地として町農業委の台帳に登録されている。

 ところが83年、下地幹郎・国民新党幹事長の兄が社長を務める「大米(だいよね)建設」(那覇市、当時は「宮古交通」)が「男性の知人を介して土地を譲り受けたが、男性の死亡で名義変更できなかった」と主張し、農地の転用届を県に提出。県がこれを認めなかったにもかかわらず、同社はアスファルト工場を建設して約20年間使用した。

 大米建設は07年、会社を分割して、資産を「港町管理」(那覇市、清算手続き中)に移したうえでア社に土地を賃貸。ア社は同年、公庫に融資を申請した。公庫は港町管理の弁護士らから「土地の所有権や農地法の問題は近く解決する」と説明され、完成後のホテル建物と琉球日産の社屋を担保に融資を決めた。だが転用を許可する自治体側(当時は沖縄県、4月から与那国町)には問い合わせもしていなかった。

 港町管理は08年、民法上では20年以上の土地の占有により所有権が移ると主張し、男性の親族を相手取り、所有権の移転登記に応じるよう求める訴訟を那覇地裁石垣支部に起こした。だが、同支部は3月、土地のうち農地部分の所有権は親族側にあるとの判決を出し、双方が控訴。県農政経済課はホテルについて「違法状態という認識を持っており、町に事情を聴いている」と話している。

 公庫は「現況は畑ではなく、長年工場として使われており、顧問弁護士が『事後転用が可能で大丈夫』と言うので融資した。問題があったとの認識はなく、訴訟の行方を見守っている」と話す。ア社社長は「所有権は移転できると大米側から聞いている。裁判を見守るしかない」と話した。大米建設は「訴訟中なのでコメントできない」としている。

【関連ニュース】
<ずさんな体質で強制捜査>日本振興銀行:「法令違反のデパート」 信頼回復道険しく
<ずさんな墓地>米国:複数の人物を一緒に埋葬、土砂置き場に骨つぼ…アーリントン墓地
<ずさんな調査>国交省:発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害
<ずさんな検査でメダルの行方は・・・>北京五輪ハンマー投げドーピング問題
<ずさんな管理で>留置場内で少年が携帯を

<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)
地域医療貢献加算、3割が届け出―日医レセ調査4月分(医療介護CBニュース)
亀井氏「連立離脱の覚悟」…郵政と会期延長で(読売新聞)
【本屋が危ない 電子書籍元年】(上)配達、手書き新聞…生き残り模索(産経新聞)
渋谷東急プラザでトイレットペーパー焼ける 連続不審火の疑い(産経新聞)

<口蹄疫>功労牛「安平」 育ての親無念(毎日新聞)

 「殺処分という残念な最期になってしまって申し訳ない」

 名牛「安平」を生み、育てた宮崎市佐土原町の永野正純さん(61)は、電話口でため息をついた。

 安平は89年4月12日生まれの21歳。人間なら100歳を超える長寿だ。種牛は精液が供給できなくなった時点で処分されることが多いが、安平はその群を抜いた貢献度から処分を免れ、事業団で静かに余生を送っていた。

 生まれた時の体重は30キロ。しかし、周囲が息をのむほどの早成だった。永野さんは「ばかでかくて気が激しくて、世話に手を焼いた」と懐かしむ。

 安平の子牛は「もも肉にもサシ(霜降り)が付いて高値で売れる」と人気を博した。全盛期には、安平の子牛と他の子牛では7、8万円の差がついたこともあった。

 安平の遺伝子を引き継いだ宮崎牛は、5年に1度開かれる和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」でも好成績を上げた。07年の第9回大会(鳥取県)では9部門中7部門で首席を獲得した。

 西都市内に避難させているエース級種牛5頭のうち、4頭までが安平の血を受け継いでいる。

 一方、永野さんが現在飼育する約60頭は既にワクチン接種を受けた。「安平の血を引いた牛がすべていなくなる。何十年もかけて受け継いできた遺伝子が途切れた。望みを5頭にかけたい」と語った。【小原擁】

義経千本桜inロンドン(産経新聞)
沖縄の牛、陽性ではない 農水省(産経新聞)
「あの親指は何だ」思いも寄らぬ波紋…検証4(読売新聞)
夏の訪れ告げる「とうかさん」 広島・円隆寺(産経新聞)
生活保護費めぐる闇 横行するネット仲介とは(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。